今日は、ペルーの伝統料理セビーチェを作りました。セビーチェというのは、お刺身のマリネのようなもので、酸味と辛味が合わさったペルー発祥の料理ともいわれています。おもに中南米のほうで食べられているのですが、地域によって使用する食材や料理の特徴はさまざまです。

今日ご紹介するペルーのセビーチェは、調味料の組み合わせが独特なのですが、さっぱり仕立てで日本人の味覚にもよく合います。セビーチェは、漬け込むと味がしみ込んでおいしいのですが、出来立てでも野菜がシャキシャキして歯ごたえがあって、何ともおいしいです。前菜として、または主食としても、あと、おつまみにもバッチリですよ~

今回使った刺身はエビとマグロですが、イカやタコ、白身の魚もよく合います。お好みの魚介類で、ぜひ作ってみてください。

セビーチェ
<材料>5人分
エビ・マグロ     400g
セロリ          10cm分
玉ねぎ          1個
生にんにく       2かけ
コリアンダー      適宜
練り唐辛子       小1/2~(量はお好みでどうぞ/豆板醤や生唐辛子でも代用可能です。)
ライムorレモン    250ml(ミックスするとより本格的です。ライム200:50レモン)
塩            10g

※豆板醤を使用する場合、すでに塩が入っているので塩は加えなくてもOKです。

<下準備>
・魚介類は、一口サイズの食べやすい大きさ(サイコロ状)に切ります。
・玉ねぎ・セロリは薄切りにし、冷水にさらして水気を切っておきます。
・ニンニクはすりおろします。
・コリアンダーは、みじん切りにします。
・生唐辛子を使用する場合は、みじん切りにします。

<作り方>
①魚介類をボウルに入れて塩で下味を付けます。
(豆板醤を使用する場合、ここで漬け込みます。)

②「1」に材料すべてを加えて混ぜれば出来上がりです。

低コスト&簡単レシピ!
我家でよく作る定番のセビーチェがあるのですが、低コストに抑えられて作り方も簡単なのでおすすめです。使用する調味料は、豆板醤・レモン汁・にんにくの3つだけ。普段うちにある調味料なので、食材さえ揃えばいつでも手軽に作ることができます。いざというときに便利です。ぜひぜひお試しください☆