ハロウインでよく使われている赤ずきんかぼちゃでペペロンチーノソテーを作りました。
ハロウインとして思いつくのは、やっぱりかぼちゃでしょう!
今年のハロウインはどう過ごそうかと考えてますが、みなさんはもうお決まりでしょうか?

この時期になると、ハロウインかぼちゃのスイーツがたくさん出回ります。
わたしの好きなケーキバイキングでもかぼちゃ・かぼちゃ・かぼちゃ。。。(いや栗や芋もあったかな)

かぼちゃといえば、料理からスイーツまでレシピの幅も広く便利ですし、ビタミン豊富で、お肌プルップルのつやつや!今回使うのは、かぼちゃとにんにくと鷹の爪。どこでも手に入る食材ばかりで簡単に作れる一品でございます。

使用するこちらは、赤ずきんかぼちゃ。橙赤色の皮が特徴で、やや粘質がかったあっさりした甘味、皮は少し柔らか目で包丁を入れるとサクッと簡単に切れます。手に入らない場合は、スーパーでもよく売られてる普通のかぼちゃで代用できます。

かぼちゃペペロンチーノソテー
<材料>
かぼちゃ     220g(5㎜幅に薄く切ります。)
にんにく     3片(スライスに切ります。)
塩         少々
オリーブオイル 適量

<下準備>
赤ずきんかぼちゃは、皮つきのまま使用しますので、水でキレイに洗い、十字に切って4等分にします。中身の種を取り除いたあと、5mm幅に薄く切ります。

※皮の固いかぼちゃを使用する場合
かぼちゃにラップをしてレンジで軽く温めてから切ってください。

使用するにんにくですが、にんにくがよりおいしくなる簡単なコツ!があるので書いておきます。

皮を剥いたにんにくを包丁の腹で軽く押しつぶしているのですが、にんにくをつぶさずに使うよりも、つぶしたほうが風味が増すので料理が倍おいしくなるのです。

料理によって力の入れ加減はよりきりで、見栄えをよくするペペロンチーノのような料理は、形が崩れない程度に軽くつぶしたり、見た目がどうでもよい場合やみじん切りをするときは、ペチャンコにつぶすとイイですよ!

風味が上がるうえにみじん切りがラクにできるのでおすすめです。
それから、皮付きのままつぶすと億劫な皮むきも剥れやすくなるという、便利な技もあります。

この画像では、ちょっとわかりづらいのですが、にんにくの潰し方は、にんにくの上に包丁の腹をのせ、体重をかけるようにして手のひらでギュッと押します。

包丁が使いづらい場合は、木べらが安定してイイと思います。

にんにくをスライスカットし、鷹の爪は半分に切って辛味を効かせるようにしました。下準備はこれでOKです!

<作り方>
オリーブオイルを熱したフライパンにかぼちゃを入れ、中火で約4分炒めます。

軽く火が通ったら、フライパンの端に具材を寄せ、空いたところに唐辛子とにんにくを炒めます。にんにくの香りが立ってきたら、

塩で味を調えて具材を混ぜ合わせ、かぼちゃに焼き色を付けるように焼きます。

はい、出来上がりです。

食感は、完全にほくほくと柔らかくも固くもなく、その中間くらい。
甘いかぼちゃに塩が効いて、ホントおいしい!女子にはたまらないかも。
ほど良い歯ごたえもすごくイイ感じですよん。

芋系が苦手な男の方も多いと思いますが、これは食べやすいのではないかなと思います。
ぜひぜひお試しください☆