今日は、大好きな島らっきょう塩漬を作ってみました!旦那トトさんが沖縄出張中でしたので、食べたいリストを考えていたら、すごく島らっきょうが食べたくなったので、送ってもらいました♪ちなみに『島らっきょう』ってご存知ですか?これです↓

楽天市場店サイト>>島らっきょう
一般的に甘酢漬のらっきょうと一緒ですが、ひとつ前の季節に早く収穫したものが島らっきょうです。なので小ぶりです。沖縄は長寿で有名です。体にイイものを普段から数多く食べられてるんですよね!こちら、見た目も味もネギの根っ子に似てて、ツンとくる強い激臭と舌にピリッとくる辛さが特徴。

らっきょうの栄養<旬のお野菜の栄養事典:参考本>
らっきょうの香り、硫化アリル(アリシン)がビタミンB1の吸収を助ける働きがあり、これによって血行をよくしたり、疲労回復を早めたり。殺菌効果も強く、風邪予防、ガン予防効果も報告されているそうです。水溶性の食物繊維が豊富で、血糖値やコレステロールの上昇を抑える働きをする。とのことです。

沖縄ではお酒のおつまみにポピュラーなんだそうで、このシャキシャキッとした歯ごたえといい、ピリッとくる辛さも、すごくおいしい!これはビールの相性バッチリ!見た目もそうですが、あのエシャロット?に特徴がよく似ていました。

島らっきょう塩漬を作り方をご紹介します。使うのはお塩のみ。作り方はシンプルで簡単なんですが、これが大変。
皮をむく下ごしらえに時間がかかるので、だんだん目がしょぼしょぼして眠りそうでした。
(できればね・・・ネットでは調理済み商品も多くあるので、できればそちらがうれしかったんですが。)でもどうにか、食べるところを想像しながら調理にとりかかりましたよ。フフフ♪

島らっきょう塩漬け
<材料>
島らっきょう

かつお節
醤油

<作り方>
青い茎と根を切って水に1時間以上浸します。(長時間浸すほど皮が剥しやすくなります。)

薄皮を剥きます。

粗塩を適量ふり軽く塩もみして冷蔵庫で1晩~3日寝かせます。(普通のお塩でもOK)

かつお節と醤油をかけて出来上りです。食べる直前にお醤油をかけてお召し上がりください♪

おいしい食べ方は、島らっきょう塩漬を氷水でサッと冷やして食べるとシャキシャキ感がアップして、すっごくおいしくなります。じつは、切ったところの青い茎ってネギの代用に使えるそうなんです(えっそうなの!?)。私はてっきり捨てるものだと思ってたので、いまだ食べたことがありませんが、炒め物や天ぷらにしても良さそうですね。これなら栄養もしっかり取れます。

ただ、食べた翌日まで香りが〝かなり〟残るのでデートの方は要注意です。それと、食べすぎると胃もたれするのでガンガン食べちゃわないでくださいね。わたしは、おいしさのあまり、ついつい手が伸びて2度ほどやっちゃいました(´Д`)/

香りが気になる人は、熱を通すと消えるのでお試しください。ちなみに、残り後半はレンジで軽く加熱してお醤油かけると、なかなか◎。知人におすそ分けしたところ、「味噌田楽にしておいしかったよ」、「もろみ味噌を添えて食べた」という声をいただきました。なるほど・・そういう手もあったのね^^

島らっきょうを探す
Amazonで探す

楽天市場で探す

Yahooショッピングで探す