ポークバックリブ13.jpg

ポークバックリブ
アメリカで人気定番のポークバックリブを使ってバーベキュー料理を作りました。
スペアリブはよく食べていたのですが、ポークバックリブを食べたのは今回がはじめてです。脂っぽさがなくてとってもおいしかったです。コストコでは、1.44Kg、100g89円、1,282円と超安いお値段で購入できました。毎日お仕事で頑張ってる旦那トトさんに「感謝の気持ち」で、スタミナをつけさせたいなと思い(いや、私も食べたい(笑))そのままレジへ。

ポークバックリブ.JPG

USAポークバックリブは、スペアリブと同じ骨付き肉で、背中側のあばら(豚ロース)あたりです。油分が比較的ヘルシーで、低脂肪、低カロリー、柔らかいお肉が特長です。ちなみに、日本では、骨を取り除きロース肉として流通しています。アメリカではポークバックリブは人気が高く主流なので、日本までなかなか回ってこないのだとか。

ポークバックリブ4.JPG

今回は、オーブンを使って低温で3時間かけてじっくり焼きます。低温で焼くとお肉がとても柔らかく焼けるので良いですよ。

●バックリブのオーブン焼き
材料】5~6人前
ポークバックリブ   1.44Kg
〇コショウ         適量
・ケチャップ        大12
・砂糖            大4.5~5
・塩             小3
・ごま油          小1
・ニンニク         2片(すりおろし)
ガーリックパウダー   適量
・しょうがパウダー    小2(生しょうが・3片すりおろし)
・玉ねぎ          1個(すりおろし)

作り方】調理時間3時間30分
①〇以外の材料を混ぜ合わせます。
ポークバックリブを2つにカットして、骨側の薄い膜をはぎます。
③沸騰したお湯に入れて約10~20分茹でます。
④湯から取り出して粗熱が取れたら、タレをすり込みコショウを振ります。
⑤ジップロックに入れて冷蔵庫で1晩寝かせます。
⑥天板にアルミホイルを敷いて、ポークバックリブ表を上にして並べます。
⑦160度予熱のオーブンに1時間30分焼きます。その間30分おきにソースを塗ります。
⑧骨側を上にして150度のオーブンに30分焼きます。
⑨表に戻し1時間焼きます。
⑩オーブンから取り出し骨に沿ってカットして完成です。

ポークバックリブ5.JPG

ソースを混ぜ合わせて作っておきます。

ポークバックリブ1.JPG

骨側(裏)に白色の薄い膜が付いているのではぎます。イカの皮に似た薄い皮です。

ポークバックリブ2.JPG

沸騰したお湯に入れて10~20分茹でます。

ポークバックリブ6.JPG

湯から取り出し粗熱が取れたら、タレをすり込みコショウを振りかけます。
ジップロックに入れて冷蔵庫で1晩寝かせます。

ポークバックリブ8.JPG

天板にキッチンペーパーorアルミホイルを敷いて、ポークバックリブの表側を上にしてソースを塗ります。

ポークバックリブ9.JPG

160度に予熱したオーブンで1時間30分焼きます。その間30分おきにソースを塗ります。時間がきたら、骨側を上に裏返えして30分焼きます。様子を見て温度を150度に下げたり調整してください。

ポークバックリブ10.JPG

表にして1時間焼きます。ボリューム満点。。。

ポークバックリブ11.jpg

骨に沿ってカットして完成です。

ポークバックリブ12.JPG

初めてポークバックリブをいただいてみて、スペアリブに比べるとヘルシーでクセがなく食べやすかったです。また、骨のまわりはおいしいと言いますが、柔らかくてソースがしみ込んでておいしかったです~。しかも、お肉が骨からツルッとはがれてお口の中いっぱいで幸せでした。

ソース作りをしなくても市販のバーベキューソースで手軽に作る方法もありますので、ぜひ試してみてください。また今度、いろいろな料理法で挑戦してみようと思います。

ポークバックリブ (楽天市場店)