今日は、イタリアトスカーナの伝統焼き菓子カントゥッチ(ビスコッティ)をご紹介します。

カントゥッチとはビスコッティのことで、日本ではビスコッティ、イタリアではカントゥッチと呼んでいます。ビスコッティの特徴は、オーブンで2回焼くのですが、名のとおり、ビス(2)コッティ(焼く)の意味。

「ビスコッティが食べたいーー!!」と我慢できなかったので、チョコチップ&ナッツと、レーズン&ナッツの2種類を焼いてみました。相変わらず食いしん坊のわたくし。

レーズンとチョコは王道ですよね~
みなさんはどんなビスコッティが好きですか?
わたしはドライレーズンなどのビスコッティがおいしくて好きです。

薄めに焼いたのですが、それでもザクザクとした硬めの歯ごたえがあっておいしい。
味もほのかに甘くて、食べ出すと手が止まらなくなります。

今回は、たくさん作ったため、いつでも食べられると安心しております!!
日持ちするのがイイところで、プレゼントにもおすすめですよ~

カントゥッチの作り方
<材料>30~40枚分
チョコチップ    30g
レーズン      50g
ミックスナッツ   80g
小麦粉       150g
打ち粉       大1
卵          1個
牛乳        30㏄
砂糖        60g
ベーキングパウダー 1g

<作り方>
大き目のボウルに卵、牛乳をよく混ぜ合わせ、

ふるっておいた小麦粉、砂糖、ベーキングパウダーを加え、スパチュラでざっくりと混ぜ合わせます。
※混ぜすぎず、粉っぽさが残る程度でOKです。

生地を2等分し、半分はチョコチップとナッツを加え、ざっくりと混ぜ合わせます。

残りの生地にはレーズンとナッツを加え、ざっくりと混ぜ合わせます。

この辺でオーブン170℃に予熱しておきます。
打ち粉をした台に生地をのせ、ギューッと長方形にまとめて形成します。

クッキングシートを敷いた天板に生地をのせ、予熱した170℃オーブン20分焼いたらオーブンから取り出して冷まします。

冷めたところで、オーブン150℃に予熱しておき、生地を5㎜~1cmの薄さに切り分けます。

天板に並べ、
薄さ5㎜の場合は、150℃オーブン15分。
薄さ1cmの場合は、150℃オーブン両面15分ずつ焼きます。

焼き上がったら天板から取り出し、冷ましたら出来上がりです。冷めると固くなります。

食べてみて食感が足りない場合は、予熱した150℃オーブン5分ずつ焼いてみてください。
朝のおやつに、コーヒーブレイクに、ぜひ召し上がれ。

今回使用した食材はコッタさんです。製菓材料が安くて、セールやキャンペーンもたっぷりご用意されています。ぜひご覧になってみてくださいね。
cotta公式サイト>>お菓子・パン作りの総合サイトcotta

カントゥッチの関連記事
アーモンドプードル&クランベリーのビスコッティ/カントゥッチ(材料・作り方がシンプルなのでおススメです。)