夏向きの爽やかなレモン風味のグラスシトロンを作りました。
お菓子まわりをコーティングするグラスシトロン。きめ細やかで口どけの良いシャリシャリッとした歯触りがよく、甘酸っぱいレモン風味は、わたしの大のお気に入りです。

子供の頃から、この糖衣を覆ったデザートに目がなかったわたしは、ココナッツ味の糖衣しかのっていない地味なケーキが一番好きでした。

表面を覆っている白い糖衣のことをグラス・シトロンというのですが、粉糖をレモン汁で溶いたものです。レモンが定番としてあるのですが、お好みでリキュールの風味を加えて、ドーナツやクッキー、ケーキなどにコーティングして使います。

ちなみに、こういう糖衣はほかにも色々あるのですが、なかでもよく使われているグラスアローという「ロー」は、水の意味があり、粉糖に水で溶いてグラスアローと言います。

こちらは、砂糖と水だけですので味のバリエーションがしやすく、コーヒーやオレンジ汁などで風味を付けることができます。

今回は、グラスシトロンとグラスアローを2つご紹介したいと思います。

グラスシトロン
<材料>
粉糖    100g
レモン汁  25~30g

<作り方>
材料を混ぜ合わせたら出来上がりです。

グラスアロー
<材料>
粉糖  100g
水    60g

<作り方>
材料を混ぜ合わせたら出来上がりです。

※湿気が高い場合は、クッキーなどに覆っても乾かずにベタ付くことがあります。そういう時は、少しずつ粉糖を増やして濃度を調整してみてください。反対に固すぎる場合は、レモン汁(水)を足してください。

バームクーヘンやドーナツ、糖衣を覆うだけで見た目も味も引き締まりっておいしいですよ^^

今回ご紹介した粉砂糖は、製菓材料コッタさんで購入しました。製菓材料が安くで揃いますし、セールやキャンペーンもたっぷりご用意されています。おしゃれなラッピングなども豊富。見てるだけでも楽しいですよ♪
cotta公式サイト>>お菓子・パン作りの総合サイトcotta