今日はレモンミルクのラスクを作ってみました。
まだ、蒸し暑い季節にぴったりの爽やかなレモン風味です。

お昼ごはんに食べたバケットが半分以上も残ってしまい、これでは数日間残ってしまかもしれないと思い、急きょラスクを作ることに・・・

ラスクは大ざっぱに言ってしまうと、砂糖とバターがあれば簡単にできちゃうものですし、素朴ながらに後を引くおいしさなのでたくさんあっても軽々と食べれてしまいます!

ラスクは好きだけど、わざわざ作るためにバケットを買う?ことはないので、あまったときの楽しいおやつでもあるのです。

濃厚なレモンミルクグレースを使っているから風味豊かな仕上がりです。
甘味が強いのでおやつ代わりにどうぞ☆

レモンミルクのラスク
<材料>バケット1本分
バケット     1本
レモンパウダー  2g
レモン果汁    15g
粉砂糖      110g
バター      40~50g(常温に戻しておきます。)
ミルク      15g(牛乳orエバミルクどちらでも可能です。)

<作り方>
オーブン140℃に予熱したあと、1cm幅に切ったバケットを天板に並べ、140℃オーブン15分焼きます。

バケットを焼いてるあいだにグレーズを作ります。ミルクをレンジで沸騰直前まで温めたら、常温に戻したバターを混ぜて溶かし、

粉砂糖、レモンパウダー、レモン汁を混ぜ合わせます。

こんなカンジでとろっとした液状のグレーズができましたら、

焼き上がったバケットの両面にグレーズを塗り、

予熱した140℃オーブン15~20分焼きます。

出来上りです。冷めたあとに召し上がってくださいね。

cotta公式サイト>>お菓子・パン作りの総合サイトcotta