Johnny’s シーズニング ガーリック

今日は、トーストに振って焼くだけでガーリックトーストができるという便利なjohnny’s(ジョニーズ) ガーリックシーズニングをご紹介します。
作り方は簡単ですが、味は本格的ですよ!

以前は、アメリカ産の冷凍ガーリックトーストをいつでも買うことができたのでよく食べていたのですが、今は環境が変わり、なかなか手に入らなくなってしまったので、あの味が忘れられないなぁと思っていたんですよね。

それが今回、幸運にも恵まれまして、コストコでこちらを見つけちゃいました~!!
原産国アメリカという理由でかなり期待しての購入でしたが、買って正解!
一気に食べちゃうくらいすごくおいしかったですよ♪

1本510g入り648円で購入。原産国はアメリカ。ガーリックトーストを作るのに必要な原料がすべて含まれています。プラスチック容器に入り、幅はけっこう大きくてペットボトルくらいの太さかな。

【原材料】ガーリック、パルメザンチーズ、食塩、オレガノ、バジル、パセリ、調味料(アミノ酸)、微粒酸化ケイ素

なかを開けると、ガーリックやハーブの良い香りが強く広がりました。調味料がぎっしり詰められずっしりとした重みがあります。ガーリックやハーブの風味が濃くしっかりと味わえるようになっています。

ガーリックトーストの作り方は、マーガリンを塗ったパンにシーズニングをふりかけてトースターで焼くだけ。
簡単なのに、なかなか本格的でめちゃくちゃおいしいのですよ、ホント!

この商品1本でガーリックトーストを焼くと、余裕でフランスパン50本分以上は作れるんじゃないかしら。たぶん。

この量をどう使い切れるかと考えてしまうところですが、パン以外にもいろいろな料理に使えたりしますのでご心配はないと思います。

使い方いろいろ
うちでは洋食によく使っているのですが、鶏肉の下味にシーズニングを振ってオーブンで焼くだけでおいしく味が決まります。このほか白身魚のムニエル、オムライスのご飯にガーリック風味がたまらないカンジなのです。チキン唐揚げの下味、きのこバター炒めも、ぜひぜひ。

フタは開き口が大と小の2つあり、大はスプーンを入れることができ、小はボトルを持って振りかけて使うことができます。開閉はしっかりと丈夫に閉まりますが、完全密封ではないので、開封後は冷蔵庫へ入れることで湿気を防げると思いますが、我家は室内で保存をしています。しばらく使わないでいると少々固まったりしますが、ボトルを軽く振るとサラサラで使いやすくなります。

さっそく食パンをトースターで焼いてみました。香ばしいガーリックの香りが広がり、本格的な味のガーリックトーストに。アツアツをあっという間に完食♪

朝食の準備も10分とお手軽。シーズニングだけでも十分おいしいのですが、ハムにスライスチーズとサラダをトッピングしてオリーブオイルを少々。もう1品は我家の定番、スライスチーズと目玉焼きをのせたもの。

味の調整ができるのも助かりますし、好きなものをトッピングして楽しんだり、焼き立てが食べられるのは自宅ならではの贅沢です。忙しい朝食もラクに済ませられるので、パンを好まれる方や朝ごはんのメニューを増やしたい方にもおすすめです。ぜひお試しくださいね^^

●ジョニーズ ガーリック シーズニングを探す
●Amazonで探す

●楽天市場で探す

●Yahooショッピングで探す