沖縄の海塩 ぬちまーす
沖縄産の海水100%で作られたぬちまーすという塩を購入しました。
沖縄の方言で、〝ぬち〟=命、〝まーす〟=塩という意味です。10年ほど前にぬちまーすを使っていたことがあり、機会があれば買いたいと思っていたので、沖縄食品を扱うわしたショップへ行ったときにさっそく購入してきました。

TVメディアでも数多く取り上げられているので、ご存じの方も多いとか思いますが、沖縄の海でも水質が良いとされる宮城島の太平洋側から作られた海塩で、ミネラルが世界一として2002年にギネスブックを受賞したそうです。

細かいふわッとした塩なのですが、独自の製法で、21種類ものミネラルが含まれる塩を作られているそうです。塩分は食塩に比べ26%も低いそうですよ!

111g入り525円で購入しました。原料は、海水のみで作られ、添加物は一切使用していません。

キメ細かくてパウダーみたいにふわふわ。味は、刺激ある辛さがなく塩の甘みでまろやかです。いつもの塩で料理を作ったときと違って、塩の旨みで食材がおいしくなります。

まろやかなんですが、しっかりとした塩味が付いているので、調味料として使いやすいです。ちょっと入れすぎたかなというときでも、カラダにやさしい栄養がたっぷり入っているので安心して食べられます。

●ミネラルが豊富
マグネシウム、カリウム、カルシウムといったミネラルが多く含まれ、普段の食事からはなかなか摂れない栄養を補うことができます。また、カリウムは体内にあるナトリウムを排泄してくれるので、塩分を気にされている方にもおすすめです。

難点なのは、マグネシウムが多いため湿気に弱く、そのままパックで使うと固まってしまいます。そういう時は冷蔵保存をするとイイみたいです。うちでは小さい容器に入れて室内保存で使っています。

ぬちまーす18.JPG

以前、プロゴルフ選手が、ぬちまーすマイソルトという携帯用を持ち歩いて熱中症、夏バテ対策に、水やスポーツドリンクに混ぜてラウンド中に飲んでいるとありました。私も以前は、水に溶かして飲んでいたことがあります。今は熱中症対策のために1日に1回、炭酸水に入れて飲むようにしています。水に溶けると塩辛さがなくまろやかで飲みやすいですよ。

塩キャベツを作って食べました。

●塩キャベツのドレッシング
【材料】
・ゴマ油    大2
・ぬちまーす 小1/3
・コショウ   少々
・にんにく   1 ※ガーリックパウダー(小1/2)でもOK!
・いりゴマ   適量

【作り方】
全部の調味料を混ぜて完成です。
水を切ったキャベツにかけるとバクバク食べられます。

にんにくがポイントになるのですが、すりおろすのが面倒だったり、無いときは、ニンニクパウダーを使ってみると良いですよ。経済的ですし手間がかからないので、うちでもよく使います。

今回ご紹介させていただいたのは111g入りで525円です。250g入りは1,000円前後です。調味料で料理が変わるのもそうですが、美容・健康から考えても高くないですし、買って損はないと思います^^

●ぬちまーすを探す
●Amazonで探す

●楽天市場で探す

●Yahooショッピングで探す