ケイジャンスパイスAmazon通販サイト>>ケイジャンシーズニング

アメリカ南部の代表「クレオール料理」でもよく知られているケイジャンシーズニングをご紹介します。

わたしはものすごくハーブが好きで、とくにハーブティーを飲む時間が好きで好きでたまらないという時期がありました。今でもたまに飲んでいるのですが、ほっとしますよねぇ。
そんなハーブが味わえるケイジャン料理を食べたくて買ってまいりました。

ケイジャンシーズニングは、パプリカやオレガノ、スパイスなど、数種類のハーブを配合したスパイスです。お肉や魚介の下味を付けたり、ソテーはもちろん、オーブンで焼いてもおいしいのです。

ハーブやスパイスが好きな方、海外料理を楽しみたいという皆さまにイチオシとなっております!

ケイジャンスパイス1入手したのは、270g入り900円くらいでした。原産国は日本のユウキメーカーです。

ここで、ケイジャンという名の由来についてのお話を。

昔、カナダ東部アカディア地方から、ミシシッピ川を下ってルイジアナ州に移住したフランス語系住民のことを指し、ケイジャン料理とはその住民達から伝わった料理のようです。

その住民達は裕福では無かったのですが、母国の料理を再現するためになかなか手に入らないバターやハーブ、手に入りやすい香辛料などの食材を試み、出来たのがこのケイジャンです。

ケイジャン料理で広く知られているといえば、ジャンバラヤ、ガンボ!と思う方も多いかと。
これでオリジナルのケイジャン料理が生まれたそうです。

こうしたケイジャン料理をクレオール料理、またはニューオリンズ料理、ルイジアナ料理とも呼ばれています。

ケイジャンスパイス2大きさはこれくらいです。

ケイジャンスパイス3ケイジャンスパイスは、砂糖や辛味、塩加減など、風味も商品によってそれぞれ違っていたりします。

こちらは、あまり辛くなく、塩気もほんのり。味はシンプルでありながらハーブが際立っているカンジです。
オレガノが多めに入っているので味は独特ですが、唐辛子の辛さも少しだけ。料理にすると程良いです。

刺激的な独特さではないので、ハーブが苦手でなければ日本人にも受け入れやすい味というか、老若男女問わず、柔軟に対応できるのではないかなと思います。

その特徴は、なんといっても使い道の広さ。
洋食に限定されますが、料理のアレンジも多種多様です。

そんな理由からなのか、日本でも広く人気があります。

ケイジャンエビいろいろと使える・・ならば入れてみようということで
・鶏肉のオーブン焼き
・ピラフ
・魚介ソテー
・煮込みシチュー
・ハンバーグのミンチに混ぜる

ケイジャンスパイスを加えると、さすがアメリカ~ンなお味になります。
海老ソテーはガーリック風味でおつまみにもイケます。

なかでも一番気に入ったのは、鶏肉のオーブン焼き。これがナイス~。
鶏肉にケイジャンをすり込むだけの簡単な料理です!が、おいしすぎてガツガツ食べてしまいます。

ケイジャン卵サンドほかにも、たまごサラダの和え物にもよく合います。
これをサンドイッチにするとメキシカンっぽい料理になりますよ。

ハッセルバックポテト今、マイブーム中で何度も作っているのがこれ、ハッセルバックポテト。

じゃが芋に、塩コショウ、ケイジャン、オリーブオイルを絡めてオーブンで焼くだけ。
これは、すっごくおいしいです。興味がある方は、ぜひ作って食べてみてっ!

ケイジャンシーズニングを使ってみた感想のまとめ。

・料理のバリエーションも多種多様です。使い方はお好みで!
・手軽に海外料理が楽しめる!いつかパーティーでも作ってみたい!
・あまり辛くないので、辛いものが苦手な人もイケそう。
・ハーブ&スパイス風味が好きな人は1回でイイから試してみるべしっ!

業務用スーパー、輸入食品店に扱っていたり、こちらのケイジャンは(小さいサイズですが)カルディにもありますので、ぜひぜひ買って試してみてください。

ケイジャンシーズニングを探す
Amazonで探す
楽天市場で探す
Yahooショッピングで探す

ケイジャンシーズニングの関連記事
>>ポテトのレシピ☆ハッセルバックポテトの作り方