Amazon通販サイト>>伊勢うどんのたれ
今年は、20年に一度の伊勢神宮・式年遷宮を迎えましたね。伊勢神宮はわたしの好きな場所のひとつでもあるのですが、自然の澄み切った空気に囲まれるのが大好きです。そして、参拝したあとのお楽しみは、なんといってもおかげ横丁で食べ歩き♪

そのなかでもかかせないのが「伊勢うどん」。おかげ横丁で有名ですよね。

今年は伊勢に行けないので、うちで伊勢うどんをいただこうかなとお取り寄せしてみました。伊勢うどんは、たまり醤油に、かつお節、にぼし、昆布だしで作られる伊勢市地方に江戸時代より伝わる郷土料理です。麺は、太くてやわらかいのが特徴で、麺を1時間ほど茹でて、コシも歯ごたえも無いブヨブヨもちもちに仕上げています。

わたしが今回お取り寄せしたのは、三重県立相可高校と江戸時代創業の醤油屋ミエマンがコラボレーションした伊勢うどんのたれです。「高校生レストラン」のモデル校になった、あの有名な相可高校食物調理科の生徒さんと老舗の醤油屋ミエマンで開発されたんだそうです。厳選された自然素材で作られた化学調味料無添加のこだわりです。

この伊勢うどんのたれ。ひと瓶持っているとかなり便利。茹でたうどんにかけるだけ。あとはネギや生卵を乗せていただきます。わたしは、オリーブオイルと生姜をかけて食べるのが好きです。野菜や豚バラ肉と焼いて焼うどんにしてもおいしいですよ。

入手したのは、360ml1本600円。アマゾンで送料無料でした。開封後は、常温での保存可能で日持ちもします。

大きさはこれくらいです。

見た目は真っ黒いたれで辛そうに見えますが、素朴でやさしい味わいです。辛いどころか、ほんのり甘くて魚介の香りがふわっと口のなかに広がります。

今回は、近所のスーパーで購入した普通のうどん麺でいただきました。伊勢うどんの麺がないときは、普通のうどん麺で食べるのも好きです。夏は冷しうどん、冬はしゃぶしゃぶや鍋の締めとしてじっくり茹でながら、最後に楽しむのもおすすめかな。

こちらは、普通のうどん麺を30分ほど茹でたもの・・・やっぱりコシの無い麺はたれが絡みやすくておいしい。コシの強い麺もいいけれど、それとは逆のもっちりした食感もやみ付きになります。

魚介の旨みがよく出ているので、伊勢うどんの和風カレーってどうかな??
考えるだけでおいしそうなので、一度作ってみよう^^

今日ご紹介した商品
Amazonで探す

伊勢うどんをもっと探す
楽天市場で探す

Yahooショッピングで探す