キャドバリー楽天市場店サイト>>キャドバリー チョコレート

100年以上の伝統を持つキャドバリーチョコレートを食べました。
世界でも広く知られているキャドバリーといえば、ご存知の方も多いかと思います。

わりと甘めでミルクたっぷり、濃厚な味わい。
今日は、そんな甘いチョコレート好きの方におすすめのアイテムをご紹介します。

今回わたしが購入したのは、キャドバリーのなかでも人気シリーズ。
他にもいくつか種類があるのですが、今回は3種類を試してみました!

キャドバリーデイリーミルク50g入り1個100円台でした。原産国はオーストラリアです。

イギリスに本社があるブランド・キャドバリー社。イギリスを中心に活躍し、ヨーロッパでは超メジャーなのですが、世界中でも人気が高い!そんな理由から、いろんな国に製造工場があるそうです。

1854年に英国王室からココア・チョコレート製造業者として認可を受け、英国王室御用達企業という名誉を授かった歴史もあるんだとか。

キャドバリー3左側から順に、
・フルーツ&ナッツ
・ドリーム
・デイリーミルク

キャドバリーなかでもキャドバリーを代表するデイリーミルクは、フェアトレードというマークが付いています。デイリーミルクの原料となるカカオ豆をすべてフェアトレード商品にしているそうです。

ちなみに、フェアトレードとは、

生産者や労働者に対し、より良い貿易条件を提供する「公平取引」のことです。

つまり、仕入れる原料を公正な値段で取引をして、作る人も買う人も皆が豊かに暮らせるように、ともに経済発展をめざしましょう。というもの。

生産者が安定した生活が続けられるように、経済・社会的に安定しない立場にある人びとに、収入を得る機会をつくる。のだそうです。すばらしい!

ちなみに、日本では、大手企業のイオン、スターバックス、無印良品の一部の商品にもフェアトレードを採用しているみたいです。

キャドバリー5さて、3種類を並べて分かりやすくしてみました!左側から順にご紹介します。

デイリーミルクは、生乳を混ぜて作った甘めのミルクチョコレート。
食べたカンジは、日本人の感覚ではけっこう甘めのレベル。

ドリームは、ミルク味がとても濃厚。ミルクとか好きな人にコレはたまらないかなと。

フルーツ&ナッツは、デイリーミルクにレーズンとアーモンドを混ぜたもの。写真では見え隠れしてますけど、けっこう入っています。

3種類はすべて、とてもミルキーでコクがあり、滑らかな口当たりが共通点でした。
すごく甘味が強く、ずっしりとした食べ応えがあります。

外国らしいチョコの味わいです。でも、際立って独特さはないので、日本人の舌にも馴染めるのではないかなと思います。

わたしがダメだったのはドリーム。
もともと、ミルクが苦手なわたしには、ちょっと重い・・ボリュームがあり過ぎでした。

あとのふたつは、普通においしかったですよ。
ダークチョコレートのような渋チョコを好むので・・・疲れたときに食べるなら良いかな。
ブラックコーヒーと一緒に頂くのに良いカンジです。

どうでしょう、ミルクチョコレート好きのみなさま、ぜひどうぞ。

キャドバリーチョコレートを探す
Amazonで探す
楽天市場店で探す
Yahooショッピングで探す